グレインフリーの意味

キャットフードキャットフードについてのポイントとして、次に紹介するのはタンパク質の種類についてです。含まれているタンパク質量については基準を満たしているという場合であっても、そのためのタンパク質が「植物性タンパク質」に寄っている場合については、猫の身体の構造上、吸収効率が悪く十分な効果を発揮できない可能性があります。主にキャットフードにおいては植物性タンパク質のために穀物が使用されていることが多く、これを避けるために穀物不使用である「グレインフリー」と呼ばれる種類のキャットフードも登場するようになっています。

猫にとって穀物があまり良いタンパク源ではない理由となっているのは、その身体の構造にあります。人間などの雑食動物と猫のような肉食動物を比較した時、大きな違いとなっているのが消化器官であり、吸収器官でもある腸の構造です。多くの種類の食事を食べる雑食動物については腸が長く、時間を掛けて吸収できるような構造となっています。これに対して猫のような肉食動物は腸が直線に近く、短い作りとなっています。この関係から、吸収効率の良いものについてはより効果的に吸収できますが、穀物などの効率が悪いタンパク質の吸収に適していません

キャットフードのタンパク質量を比較

キャットフードを選ぶ場合において、まずチェックしなければならないポイントとなるのがタンパク質がどの程度含まれているのか、ということです。人間と猫との身体の作り、健康のために必要となる栄養素の違いとして、非常に大きいのがこのタンパク質の量であるためです。人間は体重一キログラムに対して、必要となるタンパク質が1.2グラムと、かなり少ない動物です。これに対して猫は同じく一キログラム当たり7グラムが必要と、6倍近い数値が必要となることについて知っておかなければなりません。

缶詰そのため、キャットフードを見る場合については、少なくともタンパク質が26%以上含まれているものであるかどうかをチェックする必要があります。これはアメリカのペットフード認定委員会であるAAFCOの基準に則っているものですが、これでも最低限の数字です。実際には肉食であることを加味すると、さらに多くのタンパク質が含まれている方が猫にとっては望ましい、というように考えられるようになっています。

これについては、猫の年齢や運動量などによっても必要量が違います。運動量が多い場合は、さらに多くのタンパク質を必要とすることになるため注意が必要です。